フリーダイヤルは0120-987-390 携帯電話からは078-252-7300

さまざまな機器(マルチデバイス)に対応しなくてはいけない時代

普通の携帯がガラパゴス携帯と呼ばれ、スマートフォンやタブレットが完全に普及した現在、企業サイトもスマートフォンやタブレットからの閲覧を無視できない時代になっています。
ユーザーに最適なコンテンツを提供するために、さまざまな機器に対応したホームページの制作が必要です。

今こそ”レスポンシブ”サイト 
あらゆる機器に”一つ”のホームページで対応!

あらゆる機器に一つのホームページで対応させたサイトを”レスポンシブサイト”と呼びます。“レスポンシブサイト”とはスマートフォンやタブレットなどの様々な機器に対応するための新たなアプローチのホームページです。アクセスした人の機器によって、自動的にレイアウトが切り替わるようデザインされています。
その結果、パソコンからタブレット、スマートフォンに至るまで、全てのデバイスに対応することができます。画面サイズによって判別しているので、もし今後新しい携帯機器が発売されても、それらにも自動で対応が可能です。

従来のスマートフォン対応サイトと何が違うの?

従来のスマートフォン対応サイトは機器ごとにそれぞれ専用サイトを作らなければならず、PCサイトと平行して制作・運用する必要があるため、コストが掛かり、管理が面倒なのが欠点でした。またそれぞれ別にデザインを作るため、サイトや専用サイトとPCサイトでの統一感を出しにくいという欠点もあります。そして専用サイトではそれぞれサイトごとにURLが変わってしまっていました。そのため検索エンジンへの対応が難しく、検索順位が上げにくいという欠点もありました。
レスポンシブサイトはそれらの欠点を解消するために、考えられたデザインです。

しかしレスポンシブデザインにもいくつか欠点があります。

  • デザインの自由に幅がある
  • 古いInternet Explorerには対応できない
  • スマートフォンやタブレットであえてパソコン向けのサイトは見ることができない

などです。
もちろん弊社で、お客様のホームページの性質やご要望にあわせてレスポンシブWEBデザインを採用をしたほうが良いのか判断し、ご提案いたしますので、ご安心ください。

1回の更新で全てを更新!

このように”レスポンシブデザイン”なら多様な機器に一つのホームページで対応できるだけでなく、更新作業が1回で済むという大きなメリットがあります。これにより面倒な更新依頼も、確認作業も、1回で大丈夫。コストの削減にもなります。

スマートフォンへの対応を急ぐなら、
一度に全ての機器に対応できるレスポンシブデザインをおすすめします!