フリーダイヤルは0120-987-390 携帯電話からは078-252-7300

スマートフォン専用サイトを作るメリット

スマートフォンユーザーに最適な情報提供できる。

スマートフォンには、画面が小さい、通信速度が遅い、パソコンと違う操作性、など様々な制限があります。専用サイトは読み込み時間が早く、小さい画面で見やすいようく、指で操作しやすい形に設計しますので、多く制限のあるスマートフォンユーザーへの最適な形で情報が提供できます。

電話でのお問い合わせに直結できる。

当たり前ですが、スマートフォンは電話です。専用サイトではサイト内から、1クリックで電話に誘導することもできます。お客様がホームページを見てお問い合わせしたいと思ったすぐその場で、電話に誘導することできるのです。

スマートフォン内の機能と連携もできる。

電話機能の他にも、スマートフォンには様々な機能が内蔵されています。例えば地図アプリと連携して、会社のアクセスをわかりやすくしたり、動画再生機能と連携して、動画情報を発信することもできます。

実はスマホからは見づらい・使いづらいPCサイト

スマートフォンからPCサイトを見るときの見づらさに気づいていますか?
携帯でPCサイトを見られることが売りのスマートフォンですが、決して見やすいわけではありません。
知らず知らずのうちに、スマートフォンユーザーから敬遠されているサイトになっていませんか?
スマートフォンサイトでユーザビリティを向上させて、発信している情報をユーザーに不自由なく受けっとってもらえるようにしましょう。

読みにくくタッチしづらい文字

スマートフォンの最大の特徴はマウスによるクリックではなく、指によるタッチを使って、操作することにあります。画像によるリンクならまだしも、文字によるリンクは読みづらく、押しにくいため、誤動作を誘発しやすくなってしまいます。 上図の右のスマートフォンサイトのようにひと目でわかりやすく、押しやすいメニューだとユーザーも快適にサイトを巡回することができます。

拡大するとぼやける画像

急速なスマートフォンの進化により最近の機種には、例えばRetinaディスプレイのような高画質のディスプレイを搭載しているのものも数多くあります。しかし困ったことに何の対策もしていないPCサイト用の画像を、高画質のスマートフォンで見てしまうと、ぼやけた表示になってしまいます。
ユーシステムではスマートフォン用サイトには、スマートフォンに最適化した画像を作成し使用しますので、くっきり鮮明な画像を表示することができます。

入力しづらいフォーム

スマートフォンユーザーが一番使いづらさを感じるのは、お問い合わせなどの入力フォームです。特に上図の左のような入力フォームの場合、スマートフォンは文字入力時、入力フォームにクローズアップするため、文章や入力すべき項目が隠れてしまい見えなくなってしまいます。そのためユーザーは拡大と縮小を繰り返してフォームに入力しなければいけません。
ストレスのない入力フォームでユーザーに気軽にお問い合わせしていただけるようにしましょう。

スマホサイトとPCサイト、2つも管理するのは面倒?

そんな方にはレスポンシブデザインをおすすめいたします。"レスポンシブデザイン"とはパソコン、スマートフォンやタブレットなど、見ている人が使っている機器に合わせて、見やすいように自動で最適化されるようデザインされたホームページのことをいいます。一つのホームページでパソコンにもスマートフォンにも対応できるため、レスポンシブデザインにすれば、煩わしい更新作業も1回で済み、費用も時間も削減できます。

レスポンシブデザインについては詳しくはこちらをご覧ください。